BOFXV 注目チーム紹介 (2) [WYSWIS_Again]

f:id:kudomu_shiro_I:20190910211026g:plain
f:id:kudomu_shiro_I:20190910211018p:plain
コンセプトの名前が被って見にくくなってしまった…ゆるしてくれゆるしてくれ

チーム概要

チーム名:WYSWIS_Again
代表:140/fth
BMS制作メンバー:ルゼ、うまるつふり、iF
サポート:
BGA】140/fth、Arishima_Caprico、A-ZERO Project
【obj】TeePy

前回好評だった、BGAを先に作り、それにあわせて曲・BMSを後からつくるという試みに挑戦するチーム「WYSWIS」が、メンバーを一新して帰ってきました!
140/fthさんとA-ZERO Projectさんが去年に引き続き参加する一方、若手BGA作家Arishima_Capricoさんが、曲がない状態でBGAを作る作業に初めて挑戦します。
一方BMS制作陣はルゼさんやiFさんなど、BGA制作メンバーと縁のある人選である一方、Arishima_Capricoさんにはうまるつふりさんがつくという、これまた予想外な人選も見られます。
果たして今年はどんなBGA先行BMSを見せてくれるのでしょうか!?

今回は早い段階でBGA作家とBMS作家の組み合わせが公開されたので、BGA作家とBMS作家両方とも同時並行しながら紹介していきたいと思います。

BMS制作メンバー①:140/fth + ルゼ

twitter.com
twitter.com
BGA担当は、古くは「Angelic layer - SHIKI」「Evangelize (Radio Edit) - syatten」「妖晶零弐 - tarolabo」などの連番BMP、近年だと「Laplace - 削除」「LASTMORN - polycube」などの3DCGソフトを用いたBGAを数多く制作し、ついには世界的アーティスト・DJであるPorter Robinsonのソロプロジェクト「Virtual Self」の楽曲のMVを制作するという、世界レベルにまで辿り着いたBGA作家、140/fthさんです。去年に引き続き、WYSWISのリーダーを務めます。
www.youtube.com
こちらは去年の「WYSWIS」にて、140/fthさんが先行でBGAをつくり、Estさんが後から曲を作成したBMS「Selenotaxis」

そして今年は、「3.14 (TT mix)」「オバケだあああぁああぁあぁあああ!!!!!」「ULTRA RENDA 1」などの、縦連打譜面を極め続け、ついには音楽ゲーム「maimai」に楽曲「HERA」を提供し、BMS以外でも縦連打の脅威をプレイヤーに見せ付けた、『縦連打バカキング』の称号を授かるBMS作家ルゼさんが140/fthさんとバディを組むことになります。
(『縦連打バカキング』の元となったページ https://www.likeside.net/event/suika_crash/result.html
www.youtube.comこちらは今年の縦連打活動の一つ「FINAL RENDA AUDITION」
本人自ら進んでBGAの素材になるという活動も果敢に行っています。

両名ともに、去年に引き続きWYSWISのメンバーとしてBOFXVに参戦することになります。

さて、この二人の組み合わせは過去に何度かされており、中でもBOF2010出場作品「lifework」が最たる例として挙げられるのではないでしょうか。
名義は「ああああ」になってるけど、総理大臣になったり股間からビームを発射したりするあの"ああああ"さんは別人だぞ!

理系風オシャレな雰囲気を基調としつつも、随所に入るハードな音作りの発狂地帯はまさに『人生』そのもの。その世界観の差が激しい曲を、140/fthさんによるBGAで「オシャレ:青 発狂:赤」というように、視覚的にもうまく表現がなされた名作です。

このように、ルゼさんがどんな世界観をつくろうと140/fthさんが全て視覚的に表現してくれることは確信できるのですが、今回は140/fthさんが先に世界観を作り上げるという、お互いにとって新鮮な過程を踏むことになっています。果たしてどんな作品が生まれるのでしょうか!?


BMS制作メンバー②:Arishima_Caprico + うまるつふり

twitter.com
twitter.com
BGA担当は、2017年に映像制作を始めて早々、第15回自称無名BMS作家が物申す!出場作品「comet tail - kooridori」をスコア部門3/65位、G2R2018出場作品「Absolute Future - otoshi.b」を個人スコア部門13/415位と、数々のBMSを好成績に導き出してきた今注目のBGA作家、Arishima_Capricoさんです。
youtu.be

対する楽曲・BMS担当は、「迦楼羅-OriginalMix-」「天風祀」などの主にオリエンタル系の作風を楽曲制作を主軸とし、一方で自身のBMSも含め、「バーチャルセラピー - ふぃるまーち!(CV:ちょこ&藍月なくる&山田じぇみ子)」「アニマのささやき - 黎明機構第三研究開発部」などのBGAに出演するキャラの絵も担当する、『DTMer・絵師』両刀のスタイルで活躍をする、BMS界隈のブロリーことうまるつふりさんがArishima_Capricoさんとバディを組みます。

さて、この二人の組み合わせについてですが、Arishima_Capricoさんが描くサイバーな世界観と、うまるつふりさんが描くオリエンタルな世界観、互いの作風はまるで相反する位置にあります。つまり、この二人から生まれる作品はどういうものになるのかまったく想像つかないのが、この記事を編集している身としての率直な感想です。
これは本戦が楽しみですね!


BMS制作メンバー③:A-ZERO Project + iF + TeePy

twitter.com
twitter.com
twitter.com

BGA担当は、「DTD Emperor」「Titanomaquia」などの、主に一つ(または二つ)の色を基調とした作風を得意とするBGA作家、A-ZERO Projectさんが担います。氏はBGA制作のほかに、iOS向け音楽ゲーム「WAVEAT」を開発・運営する活動も行っています。
youtu.beこちらは去年の「WYSWIS」にて、A-ZERO Projectさんが先行でBGAをつくり、ルゼさんが後から曲を作成したBMS「Better Graphic Animation」


A-ZERO Projectさんは主にルゼさんのBMSBGA制作を担うことが多いのですが、今回は「WAVEAT」の主要コンポーザーの一人であるiFさんが楽曲・BMS制作担当としてバディを組みます。
iFさんはBPM140付近のトランス・レイブを主軸に楽曲制作を行うBMS作家です。
youtu.be
最近だとZ-Siecle名義で活動することが多く、楽曲以外にも「Darkside of dawn - genesik」を例とした、BGA作家としての才も持ち合わせます。

A-ZERO Projectさんは去年に引き続いてのWYSWISの参加となるので、BGA先行制作はもう手慣れたも同然の状態ですが、iFさんは後から楽曲を制作する作業は(おそらく)初となります。果たしてどのような過程を隔てて楽曲を付けていくのでしょうか。
また、譜面制作要員として、iFさん主導のレーベル「otheroutes」に所属するコンポーザー、TeePyさんもBMS制作にかかわります。